Personal tools
You are here: ホーム ニュース バイオディーゼルに対する2009年の増税額は3セント

de_DE_formalen_USja

バイオディーゼルに対する2009年の増税額は3セント

連立委員会は、10月5日の会合で2009年におけるバイオディーゼルの税額を下方修正した。

同委員会の決議によって、2009年の総割当率は現在予定されている6.25%ではなく、5.25%に変更された。その結果、バイオディーゼルに対する2009年の税額は21セントではなく18セントとなるため、現行の税額14.88に対して増税は3セントとなる。2010年以降は、今まで通り段階的に6セントの増税となる。

UFOPの記事には触れられてないが、上記の18セントにするためにはエネルギー税法の改正が必要である。具体的な数字は近々発表されるだろうが、軽減税額は2009年に予定されている27.34セントではなく、30~31セントでないと18セントという結果にはならない(著者コメント)。

【参照】 UFOP

最終変更日時 2008年10月14日1:59 AM