Personal tools
You are here: ホーム ニュース バイオ燃料割当率の変更 - 2009年~2014年

de_DE_formalen_USja

バイオ燃料割当率の変更 – 2009年~2014年

ドイツ連邦議会は、連邦政府の2008年12月1日付法案を環境委員会による2009年3月25日の改善提案を盛り込み2009年4月23日に承認した。同年6 月18日には、連邦参議院からの異議申し立てが却下された。同法律は間もなく公開される予定である

公式見解によると当該法律の施行は、特に2015年よりバイオ燃料の積極的な導入を燃料市場における温室効果ガスの低減義務へと導くことを意図している。同法律はまた、バイオ燃料の導入速度を今までより緩和している。

理由として以下が挙げられている:

  1. バイオマス生産の持続性証明書を国内及びEU市場だけでなく、EU以外の第三国にも適用すべきである。
  2. バイオマスの利用競合を避けるため、他の原料から生産すべきである。
  3. 過渡期においてバイオエタノールの10 Vol%混合は不可能である。
  4. 気候保全に適す第二世代のバイオ燃料の生産は、まだ実証段階で商用レベルにはない。

表 総割当率の変更

総割当率 軽油への割当率 ガソリンへの割当率
2007   −  4.40%(4.83Vol%)  1.20%
(1.85Vol%)
 2008   −  4.40%  2.00%
 2009  6.25%⇒5.25% 4.40%  2.80%
 2010  6.75%⇒6.25% 4.40% 3.60%⇒2.8%
 2011  7.00%⇒6.25% 4.40% 3.60%⇒2.8%
 2012  7.25%⇒6.25% 4.40% 3.60%⇒2.8%
 2013  7.50%⇒6.25% 4.40% 3.60%⇒2.8%
 2014  7.75%⇒6.25% 4.40% 3.60%⇒2.8%

Biokraftstoffquoten

                    図 バイオ燃料割当率の推移

出典:UFOP資料: Gesetz zur Änderung der Förderung von Biokraftstoffen

関連ニュース:

1. 持続的な生産が求められる発電用及び燃料としてのバイオマス
2. 経済成長加速法におけるバイオ燃料の税金
3. ドイツ連邦内閣がバイオ燃料支援の修正法案を決議
4. バイオディーゼルに対する2009年の増税額は3セント
5. ドイツにおける輸送用バイオ燃料の動向
6. ドイツ連邦財務省のバイオ燃料市場モニタリング
7. ドイツのバイオ燃料割当法について
8. ドイツのバイオディーゼルに対する課税について

最終変更日時 2010年5月7日1:26 AM