Personal tools
You are here: ホーム ニュース ドイツのバイオ燃料割当法について

de_DE_formalen_USja

ドイツのバイオ燃料割当法について

バイオ燃料割当法とその運用のしくみを概観し、当該割当法が中短期の軽油及びガソリン市場に及ぼす影響を推定する。

ドイツの石油業界に対して、2007年1月1日より、年間の軽油及びガソリン販売量のうち、一定量のバイオ燃料(DIN EN 14214に基づくバイオディーゼル)を段階的に導入することが義務付けられた。バイオディーゼルのエネルギー含有量(発熱量:MJ/l)をベースとした軽油への割当率(=最低混合率)は、2007年から2015年まで4.40%と一定で、これは容量ベース(Vol%)だと4.83%(4.40%×軽油の発熱量35.87MJ/l÷バイオディーゼル発熱量32.65MJ/l=4.83%)に相当する。
一方、バイオエタノールのガソリンへの割当率は段階的に増加しており、ドイツ政府の積極的な導入政策が伺える。それぞれの割当率は第三者への移譲が可能であるが、遵守されなかった場合には、60セント/l(軽油と総割当)もしくは90セント/l(ガソリン)の制裁金が課せられることとなっている。
また、2009年以降は、軽油、ガソリンへの割当率をそれぞれ満たしつつ、さらに軽油及びガソリン全体に対する総割当率(Gesamtquote)も満たさなくてはならない。

総割当率 軽油への割当率 ガソリンへの割当率
2007 4.40%(4.83Vol%) 1.20%(1.85Vol%)
2008 4.40% 2.00%
 2009 6.25% 4.40% 2.80%
 2010 6.75% 4.40% 3.60%
 2011 7.00% 4.40% 3.60%
 2012 7.25% 4.40% 3.60%
 2013 7.50% 4.40% 3.60%
 2014 7.75% 4.40% 3.60%
2015 8.00% 4.40% 3.60%

計算例

以下に、2015年の総割当率(8.0%)とバイオディーゼル(4.4%)及びバイオエタノールの割当率(3.6%)を例にとって、具体的に説明する(軽油及びガソリンを100,000リットルとした場合のそれぞれのエネルギー含有量をベースとする)。

軽油 100,000 リットル
軽油のエネルギー含有量 35.87MJ/リットル
軽油の総エネルギー(①) 3,587,000MJ
軽油への割当率(②) 4.40%
バイオディーゼルのエネルギー含有量(③=①×②) 157,828MJ
ガソリン 100,000リットル
ガソリンのエネルギー含有量 32.48MJ/リットル
ガソリンの総エネルギー(④) 3,248,000MJ
ガソリンへの割当率(⑤) 3.60%
バイオエタノールのエネルギー含有量(⑥=④×⑤) 116,928MJ
軽油とガソリンの総エネルギー合計(⑦=①+④) 6,835,000MJ
2015年の総割当率(⑧) 8.00%
バイオ燃料の総エネルギー(⑨=⑦×⑧) 546,800MJ
※バイオディーゼルのエネルギー含有量(③) -157,828MJ
※バイオエタノールのエネルギー含有量(⑥) -116,928MJ
補填すべきバイオ燃料(⑨−③−⑥) 272,044MJ

軽油100,000リットルに含まれるエネルギーは、3,587,000メガジュールであり、そのうち、バイオディーゼル割当率4.4%に相当するエネルギーは157,828メガジュールとなる。
ガソリン100,000リットルに含まれるエネルギーは3,248,000メガジュールであり、そのうち、バイオエタノール割当率3.6%に相当するエネルギーは116,928メガジュールとなる。

軽油+ガソリンの総エネルギーは、3,587,000+3,248,000=6,835,00メガジュールとなるので、そのうち、総割当率8.0%に相当するエネルギーは546,800メガジュールである。
従って、この546,800メガジュールからバイオディーゼルとバイオエタノールのそれぞれのエネルギーを引くと、546,800-157,828-116,928=272,044メガジュールの不足分が出てくる。

総割当率を満たすためには、この不足分をバイオディーゼルもしくはバイオエタノールで補填しなければならない。

現行のバイオ燃料割当法(Biokraftstoffquotengesetz)は、以上のような仕組みになっているが、不足分のバイオ燃料(バイオディーゼル、バイオエタノール)は、市場価格の安い燃料によって補填されると推測される。バイオエタノールは、割当率が段階的に引き上げられているため、短期的には消費量は伸びるが、2015年にはガソリン消費量が減るであろうと予測されているので、中期的にはバイオディーゼルの量が増える可能性があるといえる。

Biofraftstoff_Marktanalyse


【参照】
UFOP資料

最終変更日時 2008年9月4日4:41 AM